要因の理由


前回「花粉症の要因」として4つ挙げましたが
今回はどういう理由で要因として挙がっているのかを説明します。


◇ スギ花粉の増加
 これはいわずと知れた花粉症の原因物質です。
 スギ花粉が増加した背景には戦後、戦争で荒れた山に
 大量のスギが植林されました。

 スギは大体40年で成木になり花粉を飛散させ始めます。

 成木になったスギが伐採されればいいのですが
 林業を取り巻く経済状況などから伐採されず
 手入れもされていないスギが増えているのが現状です。

 また、昨今の温暖化などの影響で花粉の飛散する量自体が
 増加しているようです。


◇ 排気ガスや大気汚染
 実は花粉症患者はスギの木の多い田舎より都市部の方が多い
 という話を聞いたことがあります。
 これと関連するのかどうかは分かりませんが…

 排気ガスや大気汚染が要因に挙げられるのは
 大気中に多くの有害微粒子や炭酸ガスが撒き散らされ
 それより体内で抗体がつくられ花粉症を促進するといわれています。


◇ 住宅環境の変化
 住宅やオフィスの気密性が高まり通気性が少なくなった結果
 ダニやカビ、ハウスダストが増加したためと言われています。

 また、舗装された道路により一度地面に落ちた花粉が
 再び舞い散ることも指摘されています。


◇ 食生活の変化や不規則な生活
 高脂肪、高タンパクな欧米化した食生活や不規則な生活による
 ストレスの増加などの生活環境の悪化が免疫力の低下に
 繋がっています。


「◇ スギ花粉の増加」以外の要因は花粉症だけに限らず
アレルギー全般の要因として考えられています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。