薬による治療


一般的に行われている薬による治療は
対症療法といわれるものです。

これの療法は基本的に疾患を治すのが目的ではなく
症状を抑制することに重点が置かれています。

療法に用いられる薬としては
・全身療法には内服薬
・局所療法には点眼薬,点鼻薬
と用途により違います。


対症療法の効果ですが

◇アレルギー細胞が体内で増えるのを抑制する

◇アレルギー細胞が放出する化学伝達物質を抑制する

◇化学伝達物質が神経や血管に作用するのをブロックする

などがあります。


療法に用いられる薬の成分には
抗アレルギー剤,抗ヒスタミン剤,ステロイド剤,抗ロイコトリエン剤,血管収縮剤,化学伝達物質遊離抑制剤などがあります。

抗アレルギー剤,抗ヒスタミン剤などは
ほとんど副作用がないといわれていますが

ステロイド剤は副作用の恐れがあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。