減感作療法


現在、医療機関などで行われている根治療法として
減感作療法があります。

これは花粉の抽出液を低濃度から徐々に濃度を上げて注射していき
花粉に対する免疫をつけ体が反応しないように慣らす方法です。

しかし、2年以上定期的に行わないといけない時間的問題、
そのための費用の問題、皮下注射のため痛みを伴う、
実施施設自体が少ないなどの問題があり一般にはそれほど
普及していません。

私の周りでも花粉症なのに知っている人はいませんでした。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。