アレルギー反応の要因


アレルギー疾患は遺伝的なものや環境的なものが絡み合って
発症すると考えられています。

ここ数十年の間にヒトの遺伝子が突然変異したとは考えられませんし
私が調べた範囲では、そんな結果も出ていないようです。

しかし、アレルギー疾患の数は急激に増加しています。

ですので、アレルギー疾患増加の要因は
環境やライフスタイルの変化
であると考えられています。


これは以前書いた「花粉症が何故増加しているのか?
の4つの要因のうち「◇ スギ花粉の増加」以外のもの

 ◇ 排気ガスや大気汚染

 ◇ 住宅環境の変化

 ◇ 食生活の変化や不規則な生活

が丁度あてはまります。


これらが要因となり体質が変化しアレルギー体質の人が
増えたといわれています。



そして当たり前といえば当たり前なのですが
アレルギー反応の最大の要因はアレルギー体質にあります。

これは花粉症を例にとっても分かるが
同じように花粉の中にいても
アレルギー反応を起こす人と起こさない人がいます。

この違いが体質です。
そしてもっといえば、これは免疫機能のバランスによります。

本来無害な物質を排除しようとする「過剰防衛反応」なのです。


簡単に言ってしまえば
アレルギー体質の人は免疫機能がアンバランスなのです。

ですから免疫機能のバランスを整えれば
アレルギー体質が改善されアレルギー反応も改善されます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。